愛知県 半田市・阿久比町・武豊町、他地域みっちゃく生活情報誌®Step(VC)

Step(VC)
発行エリア愛知県 半田市・阿久比町・武豊町、他
発行部数83,700部
各戸配布28,950部
無料設置54,750部
発行日毎月25日
今月の表紙
Step(VC)
今月の巻頭特集
Step(VC)

今月の巻頭特集Step(VC)のバックナンバー

「愛知県 半田市」ってどんな所?

  • 人口:118,750人(2016年7月現在)
  • 世帯数:49,466世帯(2016年7月現在)
  • 名所・名物
    1.はんだ山車まつり(31台の山車が5年に一度勢揃い。半田を筆頭に知多半島では山車の文化が根付く)
    2.新美南吉、新美南吉記念館(半田市は童話「ごんぎつね」の作者生誕の地)
    3.はんだ蔵のまち(江戸風情を味わえる運河エリア。お酢のメーカー・ミツカンのミュージアムも2016年にリニューアルオープン)
  • これが意外とすごい!
    1.明治&大正時代の復刻 生ビールが飲める!
    半田赤レンガ建物(国の登録有形文化財)のかつての姿はビール工場。「加武登麦酒(カブトビール)」という銘柄で明治33年パリ万国博覧会に出品し金牌を受賞。一世風靡しました。
    2.かなりレア!JR最古の現役駅舎と跨線橋
    JR武豊線亀崎駅は現存する日本最古の現役駅舎。半田駅の明治43年生まれの跨線橋もJR最古。
    3. ハート型の白いモッコウバラ
    小栗家住宅(国の登録有形文化財)の庭に咲く白モッコウバラはなんと幹がハート型。半田市指定天然記念物。
    4.酢づくりのすべてが丸わかり!ミュージアム
    お酢で有名はミツカンの創業地は半田市。MIM(MIZKAN MUSEUM)では酢造りの歴史、文化を知ることができます。運河沿いの蔵の立ち並ぶ風景は見応えがあります。
    5.文明開化の風薫る白亜の洋館
    明治44年に建てられた旧中埜家住宅は国の重要文化財。2階建ての洋館は北ヨーロッパの木造建築様式のもの。現在耐震工事中。

  • 地元民からのおすすめ
    1.知多牛(半田市、知多半島全域)
    1軒あたりの飼育頭数が国内でもトップクラスの知多半島。乳牛のホルスタイン種と、肉牛の黒毛和種を交配させることで純粋な和牛により近い肉質の子牛を生産。肉質は柔らかく、適度な脂肪分と旨味で味わい豊か。

知多半島は愛知県の南部、三河湾と伊勢湾に囲まれた半島です。万葉の時代から風光明媚な地で知られています。半田市を中心とした半島中央部は江戸時代から続く酢、酒造りなど醸造が盛んな土地。商業的にも半島の中心的な存在です。

童話「ごんぎつね」の生まれた町 半田市は童話作家新美南吉生誕の地。代表作「ごんぎつね」にちなんで植えられたヒガンバナが咲き誇ります。

▲童話「ごんぎつね」の生まれた町 半田市は童話作家新美南吉生誕の地。代表作「ごんぎつね」にちなんで植えられたヒガンバナが咲き誇ります。

はんだ蔵のまち 運河沿いに並ぶ蔵が美しい景観を作り出します。はんだ蔵のまち界隈。

▲はんだ蔵のまち 運河沿いに並ぶ蔵が美しい景観を作り出します。はんだ蔵のまち界隈。

半田赤レンガ建物 明治31年にビールの製造工場として誕生。当時のレンガ建造物としては国内屈指。第 4日曜日開催のマルシェが人気です。

▲半田赤レンガ建物 明治31年にビールの製造工場として誕生。当時のレンガ建造物としては国内屈指。第 4日曜日開催のマルシェが人気です。

Warning [Xoops]: Smarty error: math: parameter y is empty in file xoops_trust_path/libs/smarty/Smarty.class.php line 1097
Warning [PHP]: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in file xoops_trust_path/templates_c/%2Fchuco.co.jp-default-chuco2013Themes^%%7F^7FD^7FD488E0%%db%3Afm_main_viewcontent.html.php line 45