愛知県 豊田市地域みっちゃく生活情報誌®ぶらりん豊田 北版・南版(VC)

ぶらりん豊田 北版・南版(VC)
発行エリア愛知県 豊田市
発行部数124,000部
各戸配布120,000部
無料設置4,000部
発行日毎月末日

「豊田市」ってどんな所?

  • 人口:424,716人(2016年10月1日)
  • 世帯数:175,807世帯(2016年10月1日)
  • 名所・名物
    1 豊田スタジアム
    2 香嵐渓
    3 豊田市美術館
    4 猿投山
    5 鞍ヶ池公園
  • これが意外とすごい!
    1 桃の出荷量が県下有数
    2 おいでん祭りの花火の規模
    3 愛知県で一番面積が広い
    4 徳川家康の祖先、松平氏ゆかりの地
    5 挙母(ころも)祭り
  • 地元民からのおすすめ
    1 ふるさと本舗の松平まんじゅう
    2 松丈のコロッケ
    3 ドデカのたこ焼き
    4 勘八峡
    5 王滝渓谷

豊田市(とよたし)は、愛知県北部(西三河地方)に位置する市で、中核市です。トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として有名で、愛知県下で人口は名古屋市に次いで2位、面積は県内で最も広い都市です。市中心部には豊田スタジアムやスカイホール、図書館などの公共施設が充実しています。足助や稲武など市北東部には紅葉で有名な香嵐渓や温泉などもあり、憩いの場所となっています。市北部は気軽に登山が楽しめる絶景スポットの猿投山があります。豊田市駅前は大型商業施設の松坂屋とT-FACEがあり、またトヨタ自動車関連企業の宴会需要に応えるため数多くの飲食店があるため週末は賑わいをみせています。

豊田中央公園内にあるサッカー専用スタジアムで日本国内で2番目の大きさです。設計は建築家黒川紀章氏です。

▲豊田中央公園内にあるサッカー専用スタジアムで日本国内で2番目の大きさです。設計は建築家黒川紀章氏です。

豊田スタジアムを中心とする矢作川周辺で、毎年約1万5千発の花火が打ち上げられ、そのスケールは内陸部の都市でも有数の規模を誇ります。

▲豊田スタジアムを中心とする矢作川周辺で、毎年約1万5千発の花火が打ち上げられ、そのスケールは内陸部の都市でも有数の規模を誇ります。

挙母神社を中心に豪華絢爛の八輌の山車が紙吹雪の乱舞する中、曳きまわしていきます。多くの参加者と、見物人で大変賑わいます。

▲挙母神社を中心に豪華絢爛の八輌の山車が紙吹雪の乱舞する中、曳きまわしていきます。多くの参加者と、見物人で大変賑わいます。