宮城県 名取市、岩沼市、亘理郡亘理町、柴田郡柴田町、大河原町地域みっちゃく生活情報誌®なうてぃ!®

なうてぃ!®
発行エリア宮城県 名取市、岩沼市、亘理郡亘理町、柴田郡柴田町、大河原町
発行部数58,830部
無料設置1,650部
発行日毎月20日
今月の表紙
なうてぃ!®
中広メディア見積もりサイト

「宮城県 名取市、岩沼市、亘理郡亘理町、柴田郡柴田町、大河原町」ってどんな所?

  • 人口:216,908人(2016年4月30日現在)
  • 世帯数:83,013世帯(2016年4月30日現在)
  • 名所・名物
    1.仙台空港
    2.金蛇水神社
    3.はらこめし
    4.船岡城址公園
    5.ゆりあげ港朝市
  • これが意外とすごい!
    1.生産量日本一 閖上の赤貝(名取市)
    2.日本唯一の航空安全の神様 二の倉神明社(岩沼市)
    3.日本一の巨木 染井吉野桜(柴田町)
    4.第16回全国納豆鑑評会最優秀賞 国産大豆100%わたり納豆(亘理町)
  • 地元民からのおすすめ
    1.太陽の村
    2.十三塚公園
    3.那智が丘から見る夜景
    4.グリーンピア岩沼
    5.いちご狩り

宮城県名取市、岩沼市、亘理町、柴田町は仙台市の以南、いわゆる「仙南エリア」にあります。海と山の幸が豊富で、特に名取市の閖上は赤貝の生産量が日本一となっています。海に近い土地柄、東日本大震災ではその津波により多くの甚大な被害がありましたが、足取りは決して軽くはなくとも一歩ずつ一歩ずつ復旧、復興へ向けて歩み出しています。また、仙台空港が立地しているのもこのエリアで、県内の交通の要衝地でもあり、宮城県の再興には欠かすことのできない4市町とも言えます。

昭和50年ごろから続いている名取市を代表する朝市で、東日本大震災で被災しましたが、平成25年12月に復活し、以前にも増す賑わいを取り戻しています。

▲昭和50年ごろから続いている名取市を代表する朝市で、東日本大震災で被災しましたが、平成25年12月に復活し、以前にも増す賑わいを取り戻しています。

名取市と岩沼市にまたがって位置する東北地方唯一の国管理空港です。飛び立つ飛行機が間近に見ることが出来ます。

▲名取市と岩沼市にまたがって位置する東北地方唯一の国管理空港です。飛び立つ飛行機が間近に見ることが出来ます。

公園内には約1,000本の桜の木があり、春には美しい景観を作り出します。平成2年には県内で唯一日本さくら名所100選に選ばれました。

▲公園内には約1,000本の桜の木があり、春には美しい景観を作り出します。平成2年には県内で唯一日本さくら名所100選に選ばれました。