三重県 桑名市・いなべ市・東員町地域みっちゃく生活情報誌®ぽろんくらぶ®

ぽろんくらぶ®
発行エリア三重県 桑名市・いなべ市・東員町
発行部数68,270部
各戸配布65,297部
無料設置2,973部
発行日毎月28日発行
今月の表紙
ぽろんくらぶ®

「三重県桑名市・いなべ市・東員町」ってどんな所?

  • 人口:108,378人(2016年4月1日現在)
  • 世帯数:37,015世帯(2016年4月1日現在)
  • 名所・名物
    六華苑(国の重要文化財)
    多度大社
    ナガシマリゾートとその周辺(遊園地・なばなの里・湯あみの島・アンパンマンミュージアム・ジャズドリーム長島)
  • これが意外とすごい!
    日本一やかましい祭り「石取祭」(国指定重要無形民俗文化財)
    日本一の花まつり「なばなの里」春のチューリップまつり
    ・桑名の千羽鶴(市の無形文化財指定)一枚の和紙から最高99羽の連鶴を折る
  • 地元民からのおすすめ
    多度大社 上げ馬神事
    多度峡天然プール
    ナガシマジャンボ海水プール
    桑名水郷花火大会
    石取祭
    なばなの里イルミネーション

鈴鹿山脈の北端から木曽三川河口に広がる桑名市は、自然に恵まれ農産物・海産物も多く出荷しています。特に食品の物価は、全国的にも安いと言われる東海地方の中でもさらに安価で新鮮なものが入手できる家庭経済に優しい地域、またアクセスの良さから名古屋のベッドタウンとしても機能しています。古から伊勢の国「一ノ鳥居」をおき、歴史ある地方都市として育まれた「おもてなしの心」で、市内の観光スポットや「ナガシマリゾート」を訪れる観光客を温かく迎える地方都市です。

『六華苑』は、和洋の様式が調和した明治・大正期を代表する貴重な文化遺産であり、建物が国の重要文化財に、庭園が国の名勝に指定されています

▲『六華苑』は、和洋の様式が調和した明治・大正期を代表する貴重な文化遺産であり、建物が国の重要文化財に、庭園が国の名勝に指定されています

5世紀後半、雄略天皇の御代に御社殿が建てられ、5月に開催される上げ馬神事が有名な『多度大社』

▲5世紀後半、雄略天皇の御代に御社殿が建てられ、5月に開催される上げ馬神事が有名な『多度大社』

一枚の和紙から折られる連鶴『桑名の千羽鶴』

▲一枚の和紙から折られる連鶴『桑名の千羽鶴』