和歌山県 岩出市・紀の川市地域みっちゃく生活情報誌®まいなぁが

まいなぁが
発行エリア和歌山県 岩出市・紀の川市
発行部数36,220部
無料設置680部
発行日毎月20日
今月の表紙
まいなぁが
中広メディア見積もりサイト

「和歌山県岩出市・紀の川市」ってどんな所?

  • 人口:116,025人(2019/6/30)
  • 世帯数:49,640世帯(2019/6/30)
  • 名所・名物
    1.根来寺
    2.粉河寺
    3.紀の川
  • これが意外とすごい!
    1.カーネーション栽培が盛ん(岩出市)
    2.桃をはじめフルーツの種類が豊富(紀の川市)
    3.世界で初めて全身麻酔を実用化した偉人・華岡青洲生誕の地(紀の川市)
    4.“たま駅長”で有名になった「貴志駅」がある和歌山電鐵・貴志川線が走っている(紀の川市)
  • 地元民からのおすすめ
    【ねごろ大唐】シシトウよりひとまわり大きく、シシトウとピーマンを足して割ったような味。あまり辛くないのも特徴(岩出市)
    【桃源郷】「ひと目十万本」といわれる桃の花が紀の川沿いに広がる(紀の川市)
    【ホタル】鞆渕地区、細野渓流キャンプ場近くの清流真国川沿い、貴志川沿いきしべの里、江川中の重谷川など有数の飛翔量(紀の川市)
    【紀の川フライトパーク】パラグライダー・ハンググライダーで紀の川平野の絶景が見下ろせる(紀の川市)
    【県内屈指のフルーツと野菜の生産拠点】日本トップクラスの売上を誇る「めっけもん広場」など販売所も人気(紀の川市)

岩出市は平成18年4月1日市制を施行した和歌山県の新しい玄関都市として期待される紀北地域の中心都市。和歌山市中心部から約15km、大阪都心部から約50km、関西国際空港からは約30kmの距離にあり、和歌山市や泉南地域、大阪都市圏への交通アクセスに恵まれていることから、ベッドタウンとして注目されています。また海外からも関西国際空港を経て和歌山に至る玄関都市として位置づけられています。近年の人口増加に伴い、多種多様な店舗も増えつつあり、とくに飲食店は地元の方が経営している個人店から全国的に展開している大型チェーン店まで、バラエティ豊かなお店があり、少しずつ街全体が盛り上がってきています。


紀の川市は平成17年に紀の川流域の5町(貴志川・打田・粉河・桃山・那賀)が合併して誕生しました。岩出市や和歌山市、そして北は大阪府にも隣接し、利便性に富み、清流・紀の川がもたらす豊かな恵みと美しい自然環境、長い年月にわたって育まれてきた伝統ある歴史文化をはじめ、豊富な地域資源を有しています。2014年の京奈和自動車道の開通により、奈良県・京都府へのアクセスが改善。2017年には京奈和自動車道と阪和自動車道が直結しアクセスがさらに向上しました。また桃をはじめとしたフルーツの栽培も盛んです。そして栽培だけでなく、フルーツをモチーフにしたゆるキャラや、市全体で実施する博覧会などフルーツを通したイベントなどで町おこしなども積極的に行っています。

春には桃の花が紀の川沿いに広がります

▲春には桃の花が紀の川沿いに広がります

根来寺の大門。両端には仁王像を安置する空間もあります

▲根来寺の大門。両端には仁王像を安置する空間もあります

最初ヶ峰から見た紀の川市~岩出市。下に見えるのは清流・紀の川

▲最初ヶ峰から見た紀の川市~岩出市。下に見えるのは清流・紀の川