愛知県 東海市地域みっちゃく生活情報誌®い~ぶるくらぶ

い~ぶるくらぶ
発行エリア愛知県 東海市
発行部数37,500部
無料設置1,000部
発行日毎月第4金曜日
今月の表紙
い~ぶるくらぶ
中広メディア見積もりサイト

「愛知県東海市」ってどんな所?

  • 人口:114,849人(2018/8/1)
  • 世帯数:50,415世帯(2018/8/1)
  • 名所・名物
    聚楽園大仏、大池公園、洋ラン、フキ
  • これが意外とすごい!
    「ゆかり」でおなじみ坂角総本舗の本社がある、カゴメの創業の地である、鉄(金属)の出荷額は日本一(新日鐵住金名古屋製鐵所や大同特殊鋼・愛知製鋼などの生産拠点があるため)
  • 地元民からのおすすめ
    ・しあわせ村
    ・茶室「嚶鳴庵」
    ・大池公園

2019年に市制50周年。「鉄とランの街」と呼ばれているように、鉄の出荷額は日本一を誇り工業地域の一面をもつ一方で、洋ランとフキの生産量が県内トップクラスという農業も盛んな街。聚楽園公園や大池公園など自然豊かな場所で四季の草花を楽しめる祭りなども開催されています。

県内2位の洋ランの出荷量を誇り、農業センターを中心にオリジナル品種の開発も活発に行っている。<br />毎年1月にはフラワーコンテストや即売会などが行われる「東海市フラワーショー」も行われ毎年多くの人が花の美しさに魅了されています。

▲県内2位の洋ランの出荷量を誇り、農業センターを中心にオリジナル品種の開発も活発に行っている。
毎年1月にはフラワーコンテストや即売会などが行われる「東海市フラワーショー」も行われ毎年多くの人が花の美しさに魅了されています。

聚楽園公園の中にどっしりと構える、鉄筋コンクリート製の大仏。高さ18.79メートルと、鎌倉や奈良の大仏よりも大きく、市のシンボルとなっています。

▲聚楽園公園の中にどっしりと構える、鉄筋コンクリート製の大仏。高さ18.79メートルと、鎌倉や奈良の大仏よりも大きく、市のシンボルとなっています。

東海市の代表的となる名古屋鉄道の駅で、多くの学生や通勤する人々で賑わっています。<br />駅前広場はど真ん中まつりのサテライト会場にもなっており、その他のイベントも盛んに行われます。セントレアからも名古屋駅からも20分程度とアクセスも良いため、今後観光にも力を入れていく予定です。

▲東海市の代表的となる名古屋鉄道の駅で、多くの学生や通勤する人々で賑わっています。
駅前広場はど真ん中まつりのサテライト会場にもなっており、その他のイベントも盛んに行われます。セントレアからも名古屋駅からも20分程度とアクセスも良いため、今後観光にも力を入れていく予定です。