愛知県 名古屋市 東区地域みっちゃく生活情報誌®東区フリモ

東区フリモ
発行エリア愛知県 名古屋市 東区
発行部数33,880部
各戸配布31,200部
無料設置2,680部
発行日毎月第4金曜日から配布
今月の表紙
東区フリモ

「名古屋市 東区」ってどんな所?

  • 人口:78,302人(2016年5月1日現在)
  • 世帯数:41,607世帯(2016年5月1日現在)
  • 名所・名物
    ナゴヤドーム
    徳川美術館
    オアシス21
  • これが意外とすごい!
    東区には、神皇車(じんこうしゃ)、湯取車(ゆとりぐるま)、鹿子神車(かしかじんしゃ)、河水車(かすいしゃ)、王羲之車(おうぎししゃ)と称される5輌の山車があります。毎年6月の第1土・日曜日の例祭日に天王祭が行われ、筒井町天王祭には、神皇車、湯取車が、出来町天王祭には、西之切の鹿子神車、中之切の河水車、東之切の王羲之車が、注連縄(しめなわ)の張り巡らされた町内を曳行(えいこう)され、その様子は初夏の風物詩として親しまれています。
  • 地元民からのおすすめ
    文化のみち
    カトリック南山教会と隼人池
    桑山美術館

区の南部は、錦通・桜通を中心に、大企業の本社・支社などのビルが立ち並び、経済活動の拠点としての役割を担っており、さらに愛知芸術文化センターがあり、芸術文化の施設も充実しています。
北西部から中心部にかけてはおおむね閑静な住宅地となっており、北部は、大曽根地区の都市改造など都市計画事業による新しいまちづくりがすすめられています。東部では、高層住宅が林立しています。区内には尾張徳川家ゆかりの神社・仏閣も多く、徳川美術館や蓬左文庫には国宝、重要文化財など数々の名品が収蔵展示されています。

愛知県美術館、愛知県芸術劇場ホールが置かれ、映像、舞踏、音楽のイベントが催される『愛知芸術文化センター』

▲愛知県美術館、愛知県芸術劇場ホールが置かれ、映像、舞踏、音楽のイベントが催される『愛知芸術文化センター』

日本初の女優と謳われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元した『文化のみち二葉館』

▲日本初の女優と謳われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元した『文化のみち二葉館』

徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万数千件を収める『徳川美術館』

▲徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万数千件を収める『徳川美術館』