古河市、野木町地域みっちゃく生活情報誌®月刊こがも(VC)

月刊こがも(VC)
発行エリア茨城県古河市、境町、栃木県野木町
発行部数52,000部
各戸配布48,000部
無料設置4,000部
発行日毎月25日
今月の表紙
月刊こがも(VC)

「茨城県古河市」ってどんな所?

  • 人口:140,455人(2016年5月1日現在)
  • 世帯数:52,806世帯(2016年5月1日現在)
  • 名所・名物
    1. 古河提灯竿もみまつり
    2. 古河総合公園
    3. 桃の花
    4.丸満餃子
    5.古河花火大会
  • これが意外とすごい!
    1. 桃祭り
    2. 唐辛子の取り扱い高(黒岩食品)
  • 地元民からのおすすめ
    1. 美仁
    2. さかさ食堂
    3. ジョティ
    4.三国橋からの景色
    5.ネーブルパーク

茨城県の西端に位置し、関東地方の真ん中に位置します。その位置にちなんだ「関東ドマンナカ祭り」や、古河の名物である桃の時期に行われる「桃祭り」、その他いくつものお祭りが1年の間に開催され賑わいを見せています。工業面も盛んで「ギンビス」や「ニッタク」そして「日野自動車」など名の知れた企業も工場を古河に置いています。都内へのアクセスが良いため人口の流出が問題となっているが、新たに東京方面からの移住を促す様々な取り組みを行っています。

25ヘクタールに及ぶ広大な敷地に四季折々に咲く、美しい花々が訪れる人をなごませてくれます。特に春は2000本の桃の花が咲き誇り桃源郷を思わせるような絶景が広がります。

▲25ヘクタールに及ぶ広大な敷地に四季折々に咲く、美しい花々が訪れる人をなごませてくれます。特に春は2000本の桃の花が咲き誇り桃源郷を思わせるような絶景が広がります。

総合公園に続く広大な敷地内に、宿泊施設を兼ね備えた研修センターや子供の広場、バーベキュー広場、釣堀などが備わっています。自然があふれ施設も充実した園内は古河市の人々の憩いの場所となっています。

▲総合公園に続く広大な敷地内に、宿泊施設を兼ね備えた研修センターや子供の広場、バーベキュー広場、釣堀などが備わっています。自然があふれ施設も充実した園内は古河市の人々の憩いの場所となっています。

古河駅西口エリアは城下町として栄えたところで今でも情緒ある街並みが残っています。蔵やレンガ造りの建物が並び石畳と共に趣のある雰囲気を醸しだしています。

▲古河駅西口エリアは城下町として栄えたところで今でも情緒ある街並みが残っています。蔵やレンガ造りの建物が並び石畳と共に趣のある雰囲気を醸しだしています。