山形県 米沢市・高畠町地域みっちゃく生活情報誌®月刊あづま~る(VC)

月刊あづま~る(VC)
発行エリア山形県 米沢市・高畠町
発行部数45,000部
各戸配布41,825部
無料設置3,175部
発行日毎月20日
今月の表紙
月刊あづま~る(VC)

「山形県米沢市・高畠町」ってどんな所?

  • 人口:109,255人(2016年5月1日現在)
  • 世帯数:40,458世帯(2016年5月1日現在)
  • 名所・名物
    1.米沢牛
    2.上杉神社(上杉謙信、上杉鷹山)
    3.亀岡文殊堂
    4.高畠ワイナリー
    5.米沢ラーメン
  • これが意外とすごい!
    1.生産量日本一高畠町のぶどう「デラウェア」
    2.高畠町の上和田有機米が日本一美味しいお米
    3.東光の吟醸梅酒が梅酒大会で日本一
    4.駅弁売上個数No1JR米沢駅「牛肉どまんなか」
    5.ケーブルテレビ加入世帯の割合が日本一
  • 地元民からのおすすめ
    1.上杉神社周辺
    2.ゆあーず
    3.高畠瓜割石庭公園
    4.小野川温泉街
    5.浜田廣介記念館

山形県の最も南に位置する米沢市は、東京方面から来ると山形の玄関口となります。吾妻山のふもとの置賜盆地で冬は雪深く夏は暑いところです。現在のまちの原型はNHKの大河ドラマ「天地人」でも知られた直江兼続によって築かれました。「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり」という名言を残した上杉鷹山が奨励したウコギは、今でも垣根が見られ、春から夏にはその新芽を茹でて食べています。高畠町は「泣いたあかおに」で知られる童話作家「浜田廣介」が生まれ育ったところで、浜田廣介記念館には来館者が石に絵を描き、記念館の周りにたくさん並んでいます。

観光客も多く訪れる上杉神社ですが、春には見事な桜が、桜が終わると真っ白なつつじが花を咲かせ、夏には蓮の花が水面を埋め尽くし、冬は雪灯篭まつりもあり、一年中さまざまな景色が楽しめるところです。

▲観光客も多く訪れる上杉神社ですが、春には見事な桜が、桜が終わると真っ白なつつじが花を咲かせ、夏には蓮の花が水面を埋め尽くし、冬は雪灯篭まつりもあり、一年中さまざまな景色が楽しめるところです。

米沢のB級グルメ Y-1グルメグランプリで初代チャンピオンのねぎマヨからや、地元のりんごを使った自家製たれに漬けこんだ唐揚げは40年以上も続く人気メニューです。

▲米沢のB級グルメ Y-1グルメグランプリで初代チャンピオンのねぎマヨからや、地元のりんごを使った自家製たれに漬けこんだ唐揚げは40年以上も続く人気メニューです。

直角に切り立った迫力ある石の壁に四方を囲まれた高畠石の採石場です。まほろばの七福神もあり、ヒンヤリした空気は、まるで別世界のようです。

▲直角に切り立った迫力ある石の壁に四方を囲まれた高畠石の採石場です。まほろばの七福神もあり、ヒンヤリした空気は、まるで別世界のようです。