新潟県新発田市・新潟市北区(豊栄)・胎内市・聖籠町地域みっちゃく生活情報誌®まるごと新発田!(VC)

まるごと新発田!(VC)
発行エリア新潟県新発田市・新潟市北区(豊栄)・胎内市・聖籠町
発行部数44,000部
無料設置2,980部
発行日毎月30日発行
今月の表紙
まるごと新発田!(VC)
中広メディア見積もりサイト

「新発田市・新潟市北区(豊栄)・胎内市・聖籠町」ってどんな所?

  • 人口:98,713人(2018年3月16日)
  • 世帯数:36,407世帯(2018年3月16日)
  • 名所・名物
    1新発田城
    2月岡温泉
    3全国雑煮合戦
    4五十公野公園あやめ
    5新発田祭り台輪
  • これが意外とすごい!
    1新発田市は子どもを育てやすく、子どもと遊べる場所が多い。
    2全国雑煮合戦は商工会議所 青年部の事業。来年で14回目。
    3月岡温泉の泉質はテレビに取り上げられたほど、効能がおおい。
  • 地元民からのおすすめ
    1ラーメン和玄(みそラーメン)
    2和泉屋(ごま饅頭)
    3聖籠ざぶ~ん(温泉施設)
    4らーめん梟(野菜味噌らーめん)
    5とんかつ九兵衛(とんかつ)

新発田市は越後平野の北部に位置する、新潟県北部の中核都市です。市北西部には日本海に面した白砂浜海岸が広がり、東部には飯豊山、二王子岳などの山々がそびえ、街からその姿を望むことができます。またこの地では加治川などを水源とした水田が広がっており、県下有数の良質な米(コシヒカリ)の産地としても知られます。 新発田藩の城下町として栄えた市街地は新発田城を代表とする歴史的建築物が多数あり、今も城下町当時の区割りや道、新発田川などの水路がかつての姿をとどめています。明治から戦前にかけては軍都として、戦後は県北部の商業都市として発展しました。その昭和の頃の面影を色濃く残す旧公設鮮魚市場や各商店街といった建物や街並みも多く残り、風情ある街です。

新発田城 新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。

▲新発田城 新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。

胎内チューリップフェスティバル 平成30年で29回目を迎える恒例の春の祭典。今年も色とりどりのチューリップと菜の花迷路のほか、盛りだくさんのイベントを開催します。

▲胎内チューリップフェスティバル 平成30年で29回目を迎える恒例の春の祭典。今年も色とりどりのチューリップと菜の花迷路のほか、盛りだくさんのイベントを開催します。

聖籠町 網代浜 家族連れでにぎわう海水浴です。海岸やその周辺では投釣りや船釣りを楽しんでいる人も多く、ほぼ一年を通してサーフィンを始めとするマリンスポーツが盛んな場所です。

▲聖籠町 網代浜 家族連れでにぎわう海水浴です。海岸やその周辺では投釣りや船釣りを楽しんでいる人も多く、ほぼ一年を通してサーフィンを始めとするマリンスポーツが盛んな場所です。

Warning [Xoops]: Smarty error: math: parameter y is empty in file xoops_trust_path/libs/smarty/Smarty.class.php line 1097
Warning [PHP]: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in file xoops_trust_path/templates_c/%2Fchuco.co.jp-default-chuco2013Themes^%%7F^7FD^7FD488E0%%db%3Afm_main_viewcontent.html.php line 45