リクルート

新人くん1年目の軌跡

三重ブロックふぁみんぐ編集室

安藤みやび

①仕事内容は?

「HAPPYMEDIAで日本を元気に」のスローガンのもと『地域みっちゃく生活情報誌®』を通じて、地域経済活性化のため、また読者の皆様に地元の魅力を再発見していただけるよう、日々地元企業・読者の皆様のお声に耳を傾け、ご満足いただける企画を提案していくのが仕事です。

②中広に入って良かったことは?

株式会社中広に入社してよかったことは、「出会いの数だけ、学びがある」です。普段、なかなか知る機会のない分野について勉強が出来ます。普段なら入れない場所へ訪問できたり、専門的なお仕事をされているお客様から貴重なお話を伺ったり、この仕事をしていないと出会えない体験が出来ることです。

③失敗したこととそこから学んだ・得たことは?

失敗から学んだことは、「わからないこと」はためらわずに質問する、ということです。例えば、仕事に関して「報告」「連絡」「相談」が大切なことだと理解はしているものの、いざ実践しようとすると、なかなかタイミングがつかめずためらう場面がありました。それが原因でミスに発展することもあり、「わからないこと」をそのままにするという行動が仕事に大きな影響を及ぼすものだと学びました。

岐阜ブロックmaika編集室

飯田真那人

①仕事内容は?

地域のお客様に広告の提案を行い、売り上げアップ、求人募集などの力添えをするのが仕事です。仕事の流れとしては、提案、原稿作成、校正、発行を毎月行っていきます。様々な業種のお客様と関わり、幅広い知識が必要とされることもあるので、日々勉強中です。

②中広に入って良かったことは?

お客様からの反響の声を聞くと、地域の活性化に一役買っていることを実感します。地元のお店をmaikaで紹介し、地元の人に利用していただく。お客様から「いつもありがとう!」とお声がけいただけると、よりやりがいを感じます。
そして地域に密着しているので、今まで以上に地域の事を知ることができます。

③失敗したこととそこから学んだ・得たことは?

広告の提案中などにお客様から具体的な数字、反響事例など質問されても答えられないことが多々ありました。自社、自誌についてもっと勉強しなくてはならないことを痛感しました。自らの知識を深めることで、今は提案が難しいお客様でも、今後の提案につながり、良い関係を築いていけるということを学びました。

岐阜ブロックおりべくらぶ編集室

若尾直加

①仕事内容は?

私は『おりべくらぶ』編集室に所属しています。『おりべくらぶ』は月刊誌の為、先月号の発行日をスタートとして、営業・撮影・編集の3つのステージから成る1ヶ月のサイクルで動きます。営業の期間では、お客様に合った広告の内容やプランを考えて提案します。撮影の時期は原稿内容を考えながら、掲載写真の撮影に立ち合います。そして大詰めの編集で原稿の校正や誌面の細かいチェックを行い、晴れて一冊の『おりべくらぶ』が出来上がります。今は『おりべくらぶ』のような紙媒体がメインですが、今後はマルチメディアな広告が提案できるように勉強しています。

②中広に入って良かったことは?

私が現在配属されている部署は、これまでの人生のほとんどを過ごしてきた町であり、「小さな町だから大体知っている」と高を括っていました。しかし中広で働き始めたこの数ヶ月、「この町はなんて大きかったんだ」と毎日衝撃を受けています。営業で訪れる営業先や車で走る道、その多くがこれまで全く知らなかったところばかりで、これまでは何とも味気なく思えた町が、今では宝箱のような素敵な故郷に感じられます。

③失敗したこととそこから学んだ・得たことは?

「で、その後は?それだけ?」、これは私がお客様へ広告の提案をしに伺った時に言われたお言葉です。この時の私はキーボードのキーを叩いて資料を印刷して、1つの提案を一丁前に作ったつもりでいましたが、お客様は広告1つよりももっと先の経営を見据えた提案を期待していらっしゃいました。この時に、この仕事がただ『今月出す広告の文面を考える』だけではなく、『お客様の未来を一緒に考えていく仕事』なのだと自分の意識の甘さを改めて痛感しました。

クリエイティブ部編集課

田中波香

①仕事内容は?

フリーマガジンの巻頭特集や記事広告、セールス・プロモーション案件などの編集・執筆を担当しています。取材・撮影を行い、取材先の思いを読者にわかりやすく伝える業務です。
目的によって文章の書き方が大きく変わるので、その都度先輩からアドバイスをいただきながら、日々仕事と向き合っています。

②中広に入って良かったことは?

中広に入って良かったのは、多くの経験ができることです。担当する案件は行政機関や企業、学校、地域の人、団体などさまざまです。今まで知らなかった業界について、たくさんの人からお話を聞けます。
また、記事に使用する写真を撮影するため、カメラを扱うようになりました。入社前は想像もしていなかった経験をして、自分の世界が広がっていくのを感じています。

③失敗したこととそこから学んだ・得たことは?

文章のミスや写真の配置など、修正点に気づくのが遅くなったことです。初回の修正依頼で気づけばよかったような修正を数回に分けて行ったため、校了まで時間がかかってしまいました。少しの違和感も流さず、しっかり確認することが重要だと学びました。
原稿は先輩にも確認してもらいますが、いつまでも先輩任せではいられません。校正の方法を工夫し、自分で原稿を仕上げられるようになりたいと思っています。

総務部総務課

多田麗

①仕事内容は?

一般的に「総務=何でも屋さん」と言われていますが、当社の総務課も例外ではありません。受付業務・来客対応・秘書業務・書類管理・社内外広報のリライト作業・会社行事の運営等、多岐に渡る業務を行っており、仕事の幅が広い故に覚えることは沢山あります。また、総務課は全ての部署と関わる部署です。マクロの視点で見る意識を持ちながら、会社を支える裏方として、社内外の多くの人と関わる仕事を日々行っています。

②中広に入って良かったことは?

誰かのためを想って自ら行動できる人の多い部署なので、感謝の気持ちが素直に生まれますし、自分もそうありたいと思えます。私自身、何度も助けていただきました。このような、思いやりの気持ちが循環する環境内で働けることに「良かった」と感じています。
また、自分の働きが日本の元気へと繋がることも「良かった」ことの1つです。ハッピーメディアを通して地方創生、延いては日本活性化に貢献できることを嬉しく思っています。

③失敗したこととそこから学んだ・得たことは?

全国各地にいる社員と連絡を行っていますが、文章のみで相手に物事を伝える際の気遣いが足りず、上手く伝えられないことがありました。この出来事から、「これで問題ないだろう」と自分では思っていても、実際はそこに存在する問題に気付けていないだけかもしれない、と疑う必要性を実感しました。総務という部署柄、他の会社様とお会いすることもあります。その時に失礼のないよう、気を付けるようにしています。