滋賀県 彦根市地域みっちゃく生活情報誌®こんきくらぶ®

こんきくらぶ®
発行エリア滋賀県 彦根市・米原市一部・多賀町・甲良町他
発行部数65,794部
各戸配布63,179部
無料設置2,615部
発行日毎月25日から配布
今月の表紙
こんきくらぶ®

「滋賀県彦根市」ってどんな所?

  • 人口:113,164人(2016年5月1日現在)
  • 世帯数:46,733世帯(2016年5月1日現在)
  • 名所・名物
    彦根城
    玄宮楽々園
    埋木舎
  • これが意外とすごい!
    彦根のアイドル、有名なご当地キャラがいる!
  • 地元民からのおすすめ
    彦根城の梅林(3月下旬)桜(4月上旬)
    北びわ湖大花火大会
    鳥人間コンテスト選手権大会
    松原水泳場

彦根市は江戸時代に彦根藩35万石の城下町として栄え、数々の歴史・文化を育んできました。中世から近世にかけての貴重な歴史遺産が今なお数多く存在し、2009年には第1回歴史まちづくり法(国土交通省)に認定されました。古い町並みを再現した夢京橋キャッスルロードや4番町スクエアには各地から観光客が訪れています。
びわ湖と鈴鹿山系に囲まれた豊かな自然に恵まれ、歴史とロマンのあふれる彦根市。一度訪れたらまた来たくなる、そんな不思議な魅力があります。

国宝天守が重要文化財の櫓を従え、威風堂々たる姿を今日に伝えています

▲国宝天守が重要文化財の櫓を従え、威風堂々たる姿を今日に伝えています

江戸時代には『槻御殿』(けやきごてん)と呼ばれた彦根藩の下屋敷(玄宮楽々園)

▲江戸時代には『槻御殿』(けやきごてん)と呼ばれた彦根藩の下屋敷(玄宮楽々園)

井伊直弼が不遇の青春時代を過ごした屋敷(埋木舎)

▲井伊直弼が不遇の青春時代を過ごした屋敷(埋木舎)