大分県臼杵市・津久見市・佐伯市・大分市東部地域みっちゃく生活情報誌®てくてくぷらす(VC)

てくてくぷらす(VC)
発行エリア大分県臼杵市・津久見市・佐伯市・大分市東部
発行部数58,000部
各戸配布52,500部
無料設置5,500部
発行日毎月25日発行
今月の表紙
てくてくぷらす(VC)

「大分県臼杵市・津久見市・佐伯市・大分市東部」ってどんな所?

  • 人口:192,834人(2018年2月28日)
  • 世帯数:84,201世帯(2018年2月28日)
  • 名所・名物
    1 国宝臼杵石仏(臼杵市)
    2 ふぐ料理(臼杵市)
    3 「つくみイルカ島」(津久見市)
    4 佐伯寿司(佐伯市)
    5 歴史と文学の道(佐伯市)
  • これが意外とすごい!
    1 海の幸・山の幸が豊富!
    2 漁業だけでなく造船業も盛ん!進水式は迫力満点!
  • 地元民からのおすすめ
    1 (グルメ/臼杵市)きらすまめし(醤油につけた魚の切り身とおからを和えたもの、めしとつくがご飯ではない)
    2 (グルメ/津久見市)回転焼き あそう(回転焼きが1個50円)
    3 (グルメ/佐伯市)肉の城南(モモの一本揚げ)
    4 (スポット/津久見市)網代島☆
    5 (スポット/大分市東部)大在ディズニー(工業地帯の夜景がディズニ―ランドを彷彿させる)

 各エリアとも海に面しており、海の幸が豊富な地域です。同じく山の幸も豊かでジビエ料理なども楽しめます。豊後まぐろ「ヨコヅーナ」や「かぼすブリ」もここ近年で全国的に名が知られることとなった県南エリアイチオシのグルメです。臼杵・佐伯は城下町として栄えたエリアでもあり、観光スポットとして国内外よりたくさんの観光客が訪れます。特に臼杵市で11月に開催される「うすき竹宵」は城下町を竹灯籠で灯すイベントで、毎年多くの観光客が訪れます。

国宝臼杵石仏 大分県臼杵市にある60余体の磨崖仏群で、国宝に指定(全61体)されています。2018年1月にはミシュラングリーンガイドに選出されました。

▲国宝臼杵石仏 大分県臼杵市にある60余体の磨崖仏群で、国宝に指定(全61体)されています。2018年1月にはミシュラングリーンガイドに選出されました。

ふぐ料理 ふぐと言えば山口県下関市が思い浮かびますが、ここ大分県臼杵市も豊後水道で獲れるとらふぐで有名です。

▲ふぐ料理 ふぐと言えば山口県下関市が思い浮かびますが、ここ大分県臼杵市も豊後水道で獲れるとらふぐで有名です。

網代島 2億4千万年前の流れ星のかけら【宇宙塵】が発見された小さな島。干潮時には歩いて渡れます。

▲網代島 2億4千万年前の流れ星のかけら【宇宙塵】が発見された小さな島。干潮時には歩いて渡れます。

Warning [Xoops]: Smarty error: math: parameter y is empty in file xoops_trust_path/libs/smarty/Smarty.class.php line 1097
Warning [PHP]: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in file xoops_trust_path/templates_c/%2Fchuco.co.jp-default-chuco2013Themes^%%7F^7FD^7FD488E0%%db%3Afm_main_viewcontent.html.php line 45